イメージふくらむ、注目のモデルルームを見に行こう!Yahoo!不動産 イチオシ!セレクション

Yahoo!不動産を見てモデルルームに行くと2,000分のTポイントがもらえる!

すぐに入居可能な物件のアドバンテージ

すぐに入居可能な物件のアドバンテージ

(写真:アフロ)

新築マンション探しをしていると、完成したお部屋を確認できる物件に出会います。
モデルルームとは違い、実物を見ることができるので暮らしのイメージがつきやすく、お部屋の細かなところまで確かめることができ、大変おすすめです。
未完成の新築マンションの場合は、図面をもとに三次元の空間を想像しながら検討していくのに対し、実物を見て、触って、歩いてと新しい暮らし方がひとつひとつクリアになっていきます。いわば車を買う時に、同じ車種に試乗してみてハンドルの重さや、加速の仕方や、乗り心地を確かめることと同じなのです。
もし、自分が検討しているお部屋が実際に確認可能であれば、迷わず見せてもらいましょう。

新しい暮らしをスムーズにスタート

すぐに入居可能な物件は、何より購入を決めてから引っ越しまでが1-2カ月程度で完了するところも魅力のひとつです。
未完成の物件の場合は、1-2年後に引っ越しということもめずらしくありませんが、長く待たなくても良いのは大きなメリットです。
具体的にメリットを上げてみますと、家賃の支払いが最小限で済む、金利動向に左右される可能性が低い、経済的な理由(景気や株価動向、経済危機など)に左右される可能性が低い、引っ越しのタイミングがご自身の事情にあわせやすい、などさまざまに考えられます。中でも、検討段階からお部屋の中に入ることができるので、家具や家電、インテリアの配置がすばやく具体的に決めることができるのも安心材料です。

朝の時間、昼の明るさ、夜の音の三原則

(写真:アフロ)

(写真:アフロ)

快適な暮らしを実現する三原則といえば、「朝の時間、昼の明るさ、夜の音」が基本です。
この3つの要素以外も、みなさんそれぞれ条件はあると思いますが、住宅業界に長くいますと万人に共通する最低条件はこの3つであると感じます。
しかし、未完成のマンションは想像でしか検討できません。完成しているマンションはこの点の確認が容易なので必ず確認しておきましょう。

・朝の時間
朝の時間は少しでも短縮したいものです。キッチン、洗濯機置場、バルコニーなどの家事動線が良いか悪いか、玄関からエレベーターまでの距離、ごみ捨て場の位置など、毎朝のルーチンがスムーズに行えるかどうか、完成している物件では、購入前に歩きながら確認できます。

・昼の明るさ
お休みの日、ご自宅でゆっくりしたい時、洗濯物を干すときなど、日当たりや明るさは快適な暮らしと切っても切り離せない要素でしょう。最近では、酷暑の影響や、家電の進化により「南向きは絶対」という価値観は少なくなってきました。ただ、「明るさ」という意味ではやはり気になるものでしょう。完成しているマンションは、ぜひ時間をずらして何回か見学させてもらい、日当たりや明るさを確認しましょう。

・夜の音
最後に、お部屋の中で聞こえる外からの音です。特に夜間は気になるものです。
自動車やバイクのエンジン音や、人々の声、廊下を歩く足音などは残念ながらモデルルームでは全く体験できません。正直に申し上げて音に敏感な人は未完成の住宅を買うべきではないかもしれません。住宅業界に長く居ますと、音の感じ方は人それぞれ十人十色であり、絶対的な基準はありません。
夜間にお部屋の中を見せてもらえるかは、確認しなければなりませんが、それほど遅くない時間帯であれば可能ではないかと思います。音に関しては納得できるまで確認を怠らないことで、引っ越し後も快適に暮らせるでしょう。

さあ、早速足を運んでみよう!

(写真:アフロ)

(写真:アフロ)

まずは、足を運んでみましょう。
いずれにせよ現場を見て、周辺を歩き、スタッフと相談していかなければ始まりません。入居まで時間がかからないマンションは、ほとんどが先着順で販売をしています。
せっかく条件が近いお部屋があっても、他の人が先に購入してしまったら残念なものです。
早期に動き出すことで検討時間を確保し、納得の新居購入を目指しましょう!

すぐに入居が可能な物件

    該当する物件はありません。

画像提供:アフロ ※本ページ上部で使用している写真はイメージです。